モラハラ夫と離婚しました!シングルマザーどんぐり子の日常

モラハラ夫と離婚しました。新しい人生を歩んでいきたい。

モラハラ

モラハラ夫のモラハラエピソードその70 モラハラ夫のマタハラ発言

モラハラ夫の嫌なところは数多くあるけれど、その中の一つが女性を見下すこと。 女性が関わるネタを見つけては、嬉々として叩きだす。 これまでの女性叩きの話です⇩ www.akanedonguri.com www.akanedonguri.com いつから女性を叩くようになったのか覚えてい…

コロナに感染したけれど、モラハラ夫と離婚していてよかったこと

今月コロナに感染しました。 私も、息子も娘も。家庭内感染は子どもが小さいうちは避けるのが難しい。 今回コロナに感染して、モラハラ夫と離婚しておいてよかったと思いながら寝込んでいました。 もし結婚している間にコロナに感染していたら、いったいどん…

モラハラ夫のモラハラエピソードその69 女性が倒れているのを見かけても人命救助は絶対にしない!

結婚してから知ったモラハラ夫の嫌なところ。 女性を見下す発言がとても多い。 女性を叩くのが趣味なの?と思うくらい、女性を馬鹿にした発言を繰り返す。 痴漢も女性を叩く格好のネタだったよう⇩ www.akanedonguri.com テレビでもネットでも、ニュースで女…

モラハラ夫のモラハラエピソードその68 痴漢にあったと話したら被害者ぶるなとお説教!

モラハラ夫と結婚して、結婚後に知ったモラハラ夫の顔の一つが、テレビに向かって怒鳴るというもの。 ニュース番組をみて、気に入らない話題があるとそれに噛みつく。 モラハラ夫の主張はどれも聞いていて不愉快になるものばかりで、聞いているだけでイライ…

モラハラ夫のモラハラエピソードその67 食事中に箸を料理に叩きつけた話

モラハラ夫との生活は、どこに地雷があるのか分からない生活。 何が逆鱗に触れるのか分からない。 急にキレて怒りだし、怒鳴り散らす。 今回は、食事中にキレて箸を料理に叩きつけた話です。 それは、私がモラハラ夫の為に、味の濃いモラハラ夫好みの料理を…

モラハラ夫のモラハラエピソードその66 アレルギーは甘えだと主張する

『アレルギーは甘え』だという考えの人が世の中にいるのは何となく知っていたけど、まさかモラハラ夫もその考えの持ち主だとは結婚後に知りました。 ことの発端は、結婚式の準備をしている時。 招待した人の中にアレルギーがある人がいて、その方の分の食事…

モラハラ夫のモラハラエピソードその65 買い物はネットショッピングだけにしろ!と命令してくる

家具や家電に日用品。 服に靴にお菓子まで。 とにかく日常のあらゆる買い物をネットですますようにモラハラ夫は私に命令した。 日々の食料品の買出しは例外で、スーパーへ行くことが認められる。 百均とかそういったお店も買ってよかったけど、基本的に買い…

モラハラ夫のモラハラエピソードその64 ダイエットが成功しないのは妻のせい

モラハラ夫は結婚してから私の容姿についても見下した発言をするようになりました。 www.akanedonguri.com 「自分がかわいいつもりなの(笑)?」とバカにされてイライラ。 そして、産後はそれに加えて「太ったねぇ」と言われるようになった。 産後の妻に「太…

モラハラ夫のモラハラエピソードその63 モラハラ夫に買い物を頼むと、頼んでいない物まで買ってくる

夫に買い物を頼むと、頼んでいない物まで買ってくる。 「ちょっと出てくる」と言って、モラハラ夫が自分の自由に遊びに出かけるのはいつものこと。 そんな時、私が「帰りに牛乳だけ買ってきて」とお願いすることがあった。 他にも、モラハラ夫が気を利かして…

モラハラ夫のモラハラエピソードその62 結婚したらモラハラ夫の言うことが「かわいい」から「かわいいつもり?」になった

モラハラ夫は結婚前、私の容姿については「かわいい」と言ってくれていた。 ところが、結婚したら貶めるようなことを言うようになった。 モラハラ夫は休日は自分の時間を過ごすとのことで、新婚で夫婦二人きりで生活していた時も、休日は私をおいて一人で一…

相談したのに共感してもらえない辛さ 

自分が辛いと感じていることを誰かに相談して、その結果、余計にしんどくなったことは何度かある。 「大変だったね」「大丈夫?」「それは相手が悪いよ」って言ってもらえることが出来たなら、悩みが解決しなくても随分と気は楽になるのに。 そんな経験を、…

モラハラ夫に「冗談も通じねぇのかよ!」と言われていたけれど私は冗談が通じる人間だったらしい

私はモラハラ夫から『冗談の通じないつまらない人間』だとよく言われていた。 ・冗談の通じない人間 ・冗談を理解できない人間 ・冗談に目くじら立てて本気で怒って空気の読めない人間 ・冗談なのに本気にして頭のおかしい人間 ・冗談を笑って受け流せない人…

いつの間にか離婚して一年が経過していた

ふと気付けば、いつの間にか、離婚して一年が経過していました。 一年前の今頃は、離婚後の手続きにバタバタしていました。 www.akanedonguri.com 離婚してよかった。 離婚できてよかった。 やっぱりまずは、息子が私にむかって「嫌い!!」って言わなくなっ…

モラハラ夫のモラハラエピソードその61 好きなものを食べていいよっていうけど何円まで?

モラハラ夫は会社にお弁当を持っていかず、昼休憩になるとその時の気分で好きな飲食店に入り好きなものを食べていた。 私には無駄遣いしないように言っておきながら、自分は自由に食べ歩いて散財している。 www.akanedonguri.com モラハラ夫のランチ代は70…

モラハラ夫のモラハラエピソードその60 モラハラ夫が会社にお弁当を持っていかない理由とは?

モラハラ夫は会社にお弁当を持っていかない。 ランチの時間になると、会社を出て近くの飲食店で昼食をとり、会社に戻るというスタイル。 だいたいランチに700円~1000円前後使っている。 これ、私の感覚では使いすぎなんです。 収入に見合っていない…

モラハラ夫のモラハラエピソードその59 プリンが二つあったらどう分ける?

近距離別居のモラハラ夫の両親は、よくモラハラ夫に食料の差し入れをしていました。 私はこれがすごく嫌でした。 何故なら、せっかく作った料理が台無しになるから。 「俺はこれを食べるから」って、モラハラ夫は自分の両親からもらった食べ物を食べる。 私…

モラハラ夫のモラハラエピソードその58 モラハラ夫は意見をひっくり返す 豆腐ハンバーグを作っていいか聞いたらどうなった?

モラハラ夫との結婚生活では様々な苦労があったけど、やっぱり会話が成立しないのは大きな問題でした。 モラハラ夫は私が話したことを覚えていない。 自分の発言でさえ記憶にないと言い出す。 自分であれこれ命令しておいて、後になって「知らない」って言い…

モラハラ夫が結婚指輪をする理由

結婚生活では、モラハラ夫は毎日かかさず結婚指輪をつけて出勤していました。 これだけなら、愛妻家に見えてしまうかもしれない。 でも指輪をつける理由に私のことは一切含まれていません。 モラハラ夫は言いました。 結婚はステータスなんだと。 指輪をして…

モラハラ夫のモラハラエピソードその57 椅子のひじ掛けをテーブルにぶつけてしまって怒鳴られた話

モラハラ夫は些細なことで怒り出す。 そこまで怒るようなこと!?とモヤモヤしますが、元は自分の失敗が原因の場合、強く言い返せない。 怒られるようなことをしてしまった自分が悪い。 そう思ってしまう。 これだけ怒るのだから、きっとそれだけ悪いことを…

体調不良の妻に何を買って帰る?

モラハラ夫は妻が体調不良になると不機嫌になる。 心配はしない。 看病もしない。 本来妻がやるはずだった家事や育児が自分に降りかかってくるのを嫌がって、ものすごく機嫌が悪くなる。 それでもまだ子供が産まれる前は、モラハラ夫が看病してくれた時があ…

モラハラ夫のモラハラエピソードその56 会話が成立しない! 飲食店を探し回って1時間以上歩いた話

モラハラ夫とは会話が成立しないということが度々ありました。 私はいつも、どうして私の話していることが通じないのだろうと不思議でした。 基本的にはモラハラ夫が私の話を聞いていないからだと思うのですが、その結果、理不尽に怒鳴られるのは私なのです…

モラハラ夫のモラハラエピソードその55 ラーメンを作ったのに席になかなか着かない

先日、頂き物で美味しいラーメンを家で食べました。 私はラーメンが大好きです。 味噌も塩も醤油もとんこつも好きです。 モラハラ夫もラーメンが好きで、結婚前はデートでラーメンを食べに行っていました。 モラハラ夫が美味しいお店に連れて行ってくれてい…

モラハラ夫のモラハラエピソードその54 モラハラ夫に毛布を横取りされた話

最近、朝晩は涼しくなってきていて、少しずつ冬が近付いてきているなと感じています。 肌寒くなってきたので、寝る時に毛布を使うようになった。 子ども達と川の字になって寝ているので、毛布と子ども達の体温でぬくぬくと眠っています。 平和な夜。 モラハ…

モラハラ夫のモラハラエピソードその53 妻の地元で事件が起きると大喜び

モラハラ夫と結婚してテレビを買った時、モラハラ夫が設定をしてくれました。 配線のことや、最初に色々登録しておくこと等、テキパキとやってくれたので有難いと思っていました。 そして、天気予報の登録。 二つ登録出来るからと、一つは今自分たちが住んで…

モラハラ夫のモラハラエピソードその52 一口目を食べる前からソースをかける

ご飯を作って、目の前の相手が一口目を食べる前からソースや醤油をドバドバかけたら怒りを感じる人はどのくらいいるのだろう?? しっかり味がついていて、調味料を追加しなくても料理として成立しているのに。 とんかつにとんかつソースとかなら問題ない。 …

モラハラ夫のモラハラエピソードその51 テレビの音量が大きすぎる

モラハラ夫との生活は、モラハラ夫の都合に合わせてばかりでした。 どんな些細なことでも。 例えば、テレビの音量。 モラハラ夫と一緒に暮らしだした時、ちょっとこれは嫌だなと思ったのが、テレビの音量です。 モラハラ夫は部屋中に響き渡る大音量でテレビ…

なんでもない日曜日の話とモラハラ夫

今日は日曜日で仕事は休み。 子ども達を連れて、子供服を買いに出かけました。 基本的に有難いことにほぼお下がりで何とかなっているのですが、急に寒くなってきて服が足りなくなってしまったのです。 去年着ていたものを引っ張り出してみたら、小さい! え…

ちょっと焦げた卵焼きと、モラハラ夫と息子の言葉

10月に入って、仕事が忙しくなってきました。 それに加えて、保育園の遠足や運動会。 来年は小学一年生になる息子の、入学前の健康診断。 他にも色々やらなきゃいけないことが押し寄せてきて、毎日バッタバタです。 まだ健康診断に向けて事前に提出する書…

モラハラ夫のモラハラエピソードその50 椅子の位置がずれてると怒り出す

モラハラ夫とは同居して早々に、なんでこんなこと言われなきゃいけないの??と疑問に思うことが色々と出てきました。 本当に些細なことで、何かと責められるのです。 そのうちの一つが、椅子の位置。 食事をする時に使う椅子。 モラハラ夫はテーブルとのバ…

モラハラ夫のモラハラエピソードその49 トイレを綺麗にした時の反応

モラハラ夫のモラハラの手口に、罪悪感を抱かせるというものがあります。 自分は悪いことはしていないはずなのに、モラハラ夫と会話をしていると、まるで自分が加害者で、モラハラ夫が被害者であるかのような雰囲気になっていくのです。 同居して早々、早速…