モラハラ夫と離婚したい!どんぐり子の日常

子どもを連れて、モラハラ夫から逃げ出しました。調停で離婚を目指しています。

『いつまでも』という絵本を読みました

スポンサーリンク

f:id:akane1202:20200324105820j:plain

今日は朝から息子が「これ読んで~」と絵本を持ってきました。

最近の息子は絵本がブームのようです。

『いつまでも』という絵本。

今日気付いたんですけど、俵万智さんが訳されてたんですね。

この絵本、買った時は息子は見向きもせず、絵本棚の中にすぐに埋もれてしまいました。

絵本を読もうと思っても、ハイスピードでページをとばし、「おしまい!」と息子がすぐに終わらせてしまうので、ゆっくり絵本を読むというのはあまりなかったように思います。

そんな息子、今、やっと絵本ブームなのです。

 

『いつまでも』

こぐまのオリが「おかあさんは、いつまでぼくのおかあさんなの?」と聞きます。

おかあさんは「いつまでもよ」と答えます。

「いつまでもって、どんなかんじ?」こぐまのオリは更に問いかけます。

いつまでもってどんな感じなんだろう?

「いつまでも」がたくさんの優しい言葉で表現されています。

絵も可愛くて、私のお気に入りの一冊です。

 

ずっと離婚調停のことで悩んでいましたが、何があっても私はずっと息子と娘のお母さんなわけで、この絵本を読んであったかい気持ちになれました。

この絵本を読んだ後だったからか、息子は「お母さんのこと大好き」と言い、保育園へ行きました。

子ども達は元気にすくすくと成長しています。

毎日とても可愛いです。

これは別居しなければ手に入らなかったものです。

子ども達が笑顔なら、きっとそれが正解ですね。

子ども達と過ごせる時間を大事に、子育てを楽しんでいきたいと思います。