モラハラ夫と離婚したい!どんぐり子の日常

子どもを連れて、モラハラ夫から逃げ出しました。調停で離婚を目指しています。

なかなかモラハラ夫の支配から抜け出せないような気がします

スポンサーリンク

f:id:akane1202:20200321232430j:plain


土曜日は天気が良かったので、子ども達を連れてお散歩に行きました。

春の陽気が心地よく、嫌なことを忘れさせてくれる時間でした。

思えばのんびりお散歩するって、なかなか出来ないことでした。

外出時はいつも義両親に遭遇しないかが頭の片隅にあり、時間の制限もあり、お散歩は出来てものんびりではなかった。

この日はとてものどかで、日ごろの悩みを嘘みたいに忘れて散歩を楽しんでいました。

 

夫と別居してから悩みは色々ありますが、最近悩みが一つ増えました。

思い出してしまうんです。夫と一緒に暮らしていた日々のことを。

それも、モラハラがない期間、ハネムーン期と呼ばれる期間のことを。

普通に暮らせていた、子ども達も楽しそうにしていた、普通の家族に見えていた時間。

モラハラのこと、全部悪い夢だったんじゃないかって思ってしまう。

幸せを壊したのは自分なんじゃないかって、考えてしまう。

我慢していれば普通の暮らしが出来ていたのかなって。

そんなわけないんですけどね。

これも洗脳が解けていないのかなぁと思います。

DV相談支援センターに行った時、もし実家が協力してくれなくても生活保護でも何でもやり方はあるから、とにかく逃げなきゃいけないのだと説明され、このまま一緒に生活することは危険だと説明され、私は子ども達を連れて逃げてきました。

夫のことは非常に危険な人物だと説明されて、身の安全の確保のために、別居しました。

それなのに、夫や子ども達が笑って過ごしていた時間を思い出してしまう。

普通の家族のように過ごせていた時間を思い出してしまう。

平和に過ごせていた時間を思うと、まるで自分が間違っているんじゃないかと錯覚してしまいます。

自分の脳が不具合を起こしているんだなと思います。

不具合なんです、不具合。

ここで私を助けてくれるのは、モラハラを記録したノートです。

私は夫と義両親のことを合わせてクソゴミ三人衆と記録していまして、これはなかなかの悪口であります。

でも、そう思いたくなるだけのことがあったんだなぁと、しみじみ過去を振り返り、やっぱり私が悪かったってことはないなと脳の不具合を修正します。

夫や義両親のことを悪く思ってはいけないように設定されているかのように、自分の行動に罪悪感を感じてしまうことがあります。

なんでなんだろうなぁと、自分でも理由がわかりません。

まだ洗脳が解けていないのか、DVから逃げ出せない仕組みになっているのかな?とか考えています。

私は別居したけれど、感覚としては、保護してもらったというように感じています。

無事に別居することが出来たのに、自分の頭の中ではモラハラなんてなくて平和に過ごしていたことになってるのがおかしい。

DVの被害者が加害者となかなか別れることが出来ない理由がわかるような気がします。

自分も今、同じような状況なのかもしれない。

でも、自分の頭がおかしいと理解してるので、夫の元に帰ったりはしない。

ただ、この先どうしたらいいのか悩みます。

自分であれこれ考えて行動しているつもりでも、実は夫にコントロールされたままだったら嫌だなと。

今後の調停で、夫に丸め込まれることがあったら嫌だな。

本当に離婚しか方法はないのかな?って考える時があるんですけど、これが自分の意思なのか、夫に支配されての思考なのか、どっちかわからない……。

考えれば考えるほど分からなくなって、疲れました。

今は、もうどっちでもいいやって気分です。

最近暖かくなってきて、春がきたなぁと感じております。

これから新しい生活が始まるのだから、今は少しずつ自分に出来ることを増やしていくだけなのだと再認識しました。