モラハラ夫と離婚しました!シングルマザーどんぐり子の日常

モラハラ夫と離婚しました。新しい人生を歩んでいきたい。

モラハラ夫のモラハラエピソードその102 「冷凍食品でいいよ」

スポンサーリンク

今日の息子の朝食は、ナポリタンでした。

朝、息子に、

「たまにはパスタが食べたいな~」

と言われたので、

「冷凍のがあるよ」

と返したら、

「お母さんの作ったやつがいい」

と返ってきた。

そう言われたら、じゃあ作ろうかって気になって、息子の好きなナポリタンを作った。

「できたよ」って言ったら、

「おおぉ~これこれ!」

って言って、いそいそと席について食べだした。

「んん~美味しい(^^)」と喜んで完食してくれた。

こんな反応が返ってくると、作り甲斐があるし、また作ろうって思う。

これがモラハラ夫だと、こうはいかなかった。

「パスタ食べたいな~~」

って言われた時に、

「作ろうか?」って聞いたら、

「いや、冷凍のでいいよ」って返ってくる。

この返しにカチンときて、毎回イライラしていました。

この台詞には二つのイラつきポイントがあります。

まず第一に、作るの大変だろうから冷凍でいいよって妥協してあげる優しい俺ぶってるところにイラっとする。

私が既に用意したご飯以外にパスタが食べたくなったなら自分で作れば?

冷凍でいいよって言うなら、チンして食器に盛り付けるくらい自分ですれば??

なんで自分の食事を用意してもらうのに「ありがとう」も「ごめんやけど急にパスタ食べたくなったから冷凍食品でいいから準備してくれない?」みたいな台詞もなく、偉そうに上から目線で「冷凍食品でいいよ」って言ってくるの??

既に準備したご飯がある時や、今日中に食べなきゃいけない食材がある時とかに「冷凍でいいよ」は本当にイラっとする。

「急に冷凍食品が食べたくなってごめん!」

「今作ってくれたやつは明日の朝ご飯に食べるから!」

とか言われたらまだ許せるかもしれないけど、

「俺の分のご飯はどんぐり子ちゃんが明日食べてくれていいからね~(笑)」ってふざけるな。

まぁ、私が作った料理を食べずに義両親が用意したパンやお弁当を食べるモラハラ夫ですから、こんなのは日常茶飯事です。。。

そして、私が料理の準備をまだしていなかったとしても、「冷凍でいいよ」は嬉しくない。

冷凍食品は楽だけど、作り甲斐がない。。。

「作ろうか?」と私が聞くのは、少しでもそれで夫婦円満に過ごせるきっかけになればと思ってのこと。

「おいしい」「ありがとう」みたいな会話が出来れば、少しはマシになるのでは?と期待してしまう。

毎回期待して裏切られるので、毎回イライラ。

(子育てが忙しくてご飯の用意の時間がなくて、私が「冷凍でいい?」と聞いた時に「冷凍でいいよ」と返ってきた時は助かりますが)

そしてもう一つ腹が立つことは、モラハラ夫は私の手作りより冷凍食品が大好きなのです!!

妥協して、妻を気遣って、優しい夫ぶって「冷凍でいいよ」って言うその心は、自分が冷凍食品を食べたいからなのです。

本当は自分が食べたいから食べるくせに、私の為に冷凍で妥協してあげてる風を装ってくるのが腹が立つ。

「この冷凍食品好きだからコレ食べたい」って正直に言えばいいのに、あくまで私に料理の手間をかけさせないいい夫ぶって「冷凍でいいよ」って言うのです。

そもそも私は「~でいいよ」って言う表現が嫌いです⇩

www.akanedonguri.com

息子は私の作ったパスタを「お母さんが作ったパスタ」と言ってくれるけど、そのレシピを考案したのは私ではない。

料理が苦手な私はレシピ本を見たり、ネットで作り方を検索したりして料理をしている。

それでも『お母さんのパスタ』になるのが何だか嬉しい。

「おいしい」って言ってくれるのも嬉しい。

モラハラ夫は私の手料理に点数を付けていたし、素直に「おいしい」なんて言わないから、「まぁ?これだったらまた食べてあげてもいいけど?」ってコメントしてくる。

そんなことが続いていくと料理を頑張ろうって気もなくなっていって、どうせ何を作っても義両親の買ってきたスーパーのパンや弁当やモラハラ夫が買ってきたコンビニ弁当や冷凍食品に負けるんだから、作らなくてもいいか~って気になってくる。⇩

www.akanedonguri.com

これに関しては、モラハラ夫の胃袋を掴むことが出来なかった私の手料理に問題があるということで、私の努力不足を責められて終わり。

「嫌なら俺が食べたいと思えるものを作ればいいじゃない」

はい論破(笑)って感じでバカにされて終わり。

もう疲れ果てて話し合うことのバカらしさと結婚生活の惨めさで気が狂いそうになるんですよね。

もちろん日々のモラハラはこれだけではないのですから。

これが特別なモラハラではなくて、当たり前の日常の一コマ。

次第に洗脳されて、冷凍食品に勝てない自分が悪いんだって思っていくし、自己責任なのに夫を加害者に仕立て上げる私はダメな人間なんだって思っていく。

モラハラ夫も「なんでも人のせいにしないでよねー」って呆れたように言う。

思い出しただけで疲れてきてしまった。

私は息子が用意したご飯以外を食べたがったら、「自分で作ってね」と言っています。

なので冷凍食品とインスタント食品は勝手に準備して食べれるようになった。

別に冷凍もインスタントも美味しいから食べればいいし、私も食べるし、問題は料理をした人への感謝と気遣いだと思うんだけど、モラハラ夫はすごく欠けていたなと思いました。