モラハラ夫と離婚したい!どんぐり子の日常

子どもを連れて、モラハラ夫から逃げ出しました。調停で離婚を目指しています。

別居当日

スポンサーリンク

別居当日の話です。

 

面談で、夫名義の物は持ち出さないよう言われていたので、自分と子ども達の荷物だけを郵送し、出発の準備をしました。

夫名義の物を持ち出して、盗難届を出されたら、ややこしいことになるからです。

出発の準備が出来たら置手紙を書きました。

これも事前に準備して夫に見つかったら大変なので、当日に書くよう言われていました。

手紙には行先は実家だと書いておきました。

これも、家出人として捜索願を出されたら、ややこしくなるからです。

家の鍵はドアのポストに入れ、出発しました。

 

息子を幼稚園へお迎えに行き、駅まで行き、電車に乗りました。

離婚のことも別居のことも、子どもには何も説明していません。

電車に揺られながら、とうとうここまで来たと、ドキドキしていました。

移動中、弁護士の先生には、家を出たことを連絡しておきました。

 

夫はこれから、どんな行動に出るのだろう?

普段の夫の様子を見ていても、夫が泣いて謝ってくるなんて想像がつきません。

どちらかと言うと、激しく怒り狂う可能性が高い気がしていました。

ものすごく攻撃的になるのでは?と不安がありましたが、もう同じ空間にいなくていいんだという安心感もありました。

 

実家にたどり着き、荷物の整理などをしていると、電話が鳴りました。

夫からです。

弁護士の先生には、夫から電話がかかってきても出なくていいと言われていたので、無視しました。

電話は何度も鳴っていました。

 

今後のことは何一つとして決まっていない。

本当に、あとのことは考えず、とにかく夫から逃げてきた。

絶対に自分一人じゃ脱出は無理だっただろうなと思います。

多くの人に支えていただき、とても感謝しています。

 

これから先どうなっていくのかわからない不安。

夫と離れることが出来た喜び。

とても不安定だけど、夫といる時よりずっと安定している。

これから長い戦いが始まるんだなと思いながら、眠りにつきました。