モラハラ夫と離婚したい!どんぐり子の日常

子どもを連れて、モラハラ夫から逃げ出しました。調停で離婚を目指しています。

離婚調停申立書と事件係属証明書

スポンサーリンク

別居後、様々な手続きをし、保育園も無事に決まり、新しい生活にだんだんと慣れてきました。

全てはモラハラ夫と離婚するため。

離婚して、自分と子どもの生活を守るため。

そのために、離婚調停で離婚の成立を目指しています。

 

別居後、弁護士の先生とは主にメールでやり取りをし、離婚調停申立書を作成していただきました。

夫との結婚生活がどういうものであったか、何故離婚をしたいのか、夫の酷さが伝わるようなエピソードで作成していただきました。

エピソードはめっちゃいっぱいあったんですが、どれが酷いか自分では判断できず、思いつく限りのエピソードを先生に送信し、先生に判断してもらいました。

どれも酷いようでよかったです。

先生にその中から申立書に盛り込みやすいエピソードを選んでいただき、作成していただきました。

私は夫との結婚生活を話したりメールで送信しただけなんですが、先生ってすごい。

自分の話した内容が、こんなにもしっかりした硬い文章になるんだなと感動しました。

私の思っていること、微妙なニュアンスも的確に文章になっていて、すごい!

自分じゃ絶対に作れないだろうなと思いました。

離婚調停申立書を見るのは初めてなので、どういったものなのか理解してなかったのですが、ふわふわした言葉が入ってなくて、ピシッ!バシッ!といった感じです。

いつから交際して、いつ結婚して、いつ子どもが産まれて、夫はどのような態度だったのか。

これを読んだ人に酷さが伝わればいいな。

そもそも調停で離婚を目指すといっても、どのように調停が進んでいくかもわかっておらず、何が必要かもわかっておらず、何もかもわかっていない状態だったので、弁護士の先生に依頼してよかったと思いました。

申立書は11月中に作成していただきました。

 

さて、申立書が作成され、裁判所に提出されるということは、離婚に向けて動き出しているということです。

ここで、児童手当の口座を変更する手続きが出来るようになるのです。

役場で言われたのは、離婚調停中だと分かるような書類を用意すること。

申し立てが終わって夫を呼び出す呼び出し状の写しや、調停の期日が決まった書類のコピーなど、今こんな状態ですよ~話が進んでいるよ~ってことが分かる書類のコピーがあればいいそうなんですが、自分ではよくわからないので、役場で言われたことをそのまま先生にメールしました。

そして先生から事件係属証明書というものが届きました。

これを役場に持っていくと、児童手当の口座を変更する手続きをしてもらうことが出来ました!

児童手当大きいです。

これからどのくらい生活にお金がかかるんだろう……。

先はまだ見えないですが、一歩一歩頑張ります。