モラハラ夫と離婚したい!どんぐり子の日常

子どもを連れて、モラハラ夫から逃げ出しました。調停で離婚を目指しています。

息子の言葉に揺れ動く

スポンサーリンク

昨晩、息子がポツリと言いました。

「お父さんはどうして一緒にいないの?」

昨晩だけではありません。

これまでも何度か、

「どうしてお父さんは会いに来ないの?」

「お父さんも来たらいいのに」

等々、不思議そうにしたり寂しそうにしたりと、お父さんと一緒に暮らしたいという雰囲気を出してくる時がありました。

これがなかなかの破壊力で、私はかなりダメージを負ってしまっていました。

息子は自分がされてきたことを理解していないし、赤ちゃん時代のことは覚えていない。

「お父さんは悪いこといっぱいしてた」と言う時もありますが、一緒に外食に出かけたことやオモチャで遊んだことを語りだす時もありました。

夫はずっとゲームに夢中で育児なんて殆どしていなかったので、一緒に遊ぶということも少なく、息子にとっては一緒に遊んだ時間は貴重な時間だったから印象に残ってるんじゃないかと思います。

モラハラ夫がモラハラをしない時期、普通に暮らせる時期、ハネムーン期と呼ばれる期間が息子にもあったようです。

確かに、スマホでゲームをしながらではなく、テレビを見ながらではなく、片手間ではなく息子と遊んでいた時間もあった。(とても少ない時間ですが)

息子に対して暴言を吐かずに一緒に遊んでいた。

息子の中では、普段めったに遊んでくれないお父さんが一緒に遊んでくれた!お父さんありがとう!という感じなんじゃないかなぁと思います。

息子はきっと「お父さん大好き」と言うだろうし、この先面会交流で再会した時は、「お父さんに会えて嬉しい」と言い、嬉し泣きをするだろうなと予想しています。

どんな親でも子どもは親のことが大好き。

虐待するような親でも。

本当にどうしようもない親でも。

どれだけ酷い目に合わされても。

親だからという理由で慕う。

息子を見ていると、そうなんだろうなぁという気がしてきます。

夫が知ったら調子に乗りそう。

息子にとっては、お父さんはお父さん。

一緒に暮らせたらいいのにって思ってるんだろうなぁ……。

とか考えると、自分が暗い気持ちになってしまう。

離婚するしかないと思っているけど、息子はどう思うんだろうなと考えると、またぐるぐるごちゃごちゃ考え出してしまっていけない。

まぁもうなるようにしかならないわなと、気持ちを切り替えて頑張っていきたいと思います。