モラハラ夫と離婚したい!どんぐり子の日常

子どもを連れて、モラハラ夫から逃げ出しました。調停で離婚を目指しています。

幼稚園を退園したその後の話

スポンサーリンク

今日、息子が以前通っていた幼稚園から電話がかかってきました。

電話の相手は息子の担任だった先生で、写真購入の件についてでした。

 

幼稚園とは別居してから何度か電話や郵送でやりとりをしていました。

お金がいくらか返ってくるということで、そのために必要な書類(以前幼稚園から渡されたお金に関する通知書だったと思うのですが、名前は忘れてしまいました)を郵送したり、息子の写真を購入したりしていました。

 

退園する時、幼稚園での行事の写真を購入できるか気になっていたのですが、(購入時期には退園しているので)写真選びは先生にお任せというスタイルで購入することが出来ました。

息子の担任だった先生に息子が写っている写真を選んでいただき、写真代と送料の合計金額を切手で支払うという方法です。

郵便局で切手を買い、封筒に入れ、幼稚園へ郵送する。

このやり方で、別居後に写真を購入することが出来ました。

 

今回の電話は、前回とはまた別の行事の写真です。

これが、幼稚園での最後の写真になるんだろうな。

なんだか少し寂しい気もするのですが、写真が届くのが楽しみです!

 

実は別居してしばらくした頃、幼稚園の先生から息子宛てにメッセージカードが届きました。

手作りの飛び出すカードで、クオリティも高く、担任だった二人の先生からのメッセージが書かれており、嬉しく思いました。

カードのデザインも息子が喜びそうなもので、息子のことを見てくれていたんだなぁと実感します。

 

幼稚園、もっと通わせてあげたかったな。

まさか自分が離婚しようと思うなんて思ってなかったものですから。

制服を買った時も、園グッズを作った時も、持ち物に名前を記入した時も、ずっとこの園でお世話になると思っていたのに。

年中さんや年長さんを見かけるたび、いつか息子もお兄さんらしくなるのかな?とか、来年はどんなことするのかな?とか思っていたのに。

まさか退園することになるなんて。

でも、仕方ない。

今はこれが最善だと思い進むだけです。

 

※あまり詳しくは書けていないのですが、退園の手続きをした時の話はこちらです↓

www.akanedonguri.com

 さて、今は保育園に通う息子と娘ですが、昨日は節分だったので豆まきを楽しんだようです。

息子はちょっぴり泣きながら、娘は笑顔で、それぞれ楽しく過ごせたようです。

そして来年度の通園バス利用についての紙をもらって帰ってきました。

バスは娘がバスOKの年齢になったら利用したいと思っていたのですが、バス停の位置が家から遠い。

バス停まで車で送らなきゃいけないんですよね。

もっと近くにバス停作ってくれないかな……。

バス停までの道も運転しにくいんですよ……。

歩いていける距離にバス停が!ほしいです!