モラハラ夫と離婚したい!どんぐり子の日常

子どもを連れて、モラハラ夫から逃げ出しました。調停で離婚を目指しています。

保育園と児童手当と住所の件で再度役場に手続きに行った話

スポンサーリンク

子ども家庭センターで手続きをした数日後、役場から電話がかかってきました。

住所にロックをかけるかどうか、どうしますか?という内容の電話でした。

現在仮でロックをかけているけど、解除するにも手続きが必要なので、どぢらにしても一度役場に来てくださいとのこと。

というわけで、役場に行ってきました。

 

住所のロックは解除してもらいました。

住所を夫が知っているなら効果はないし、最初は何だか気持ち悪い気もしていたのですが、やっぱりロックするなら今後引っ越したタイミングでするのがいいんだろうなと。

次引っ越す時にまた詳しく教えてもらえるとのことで、今回は解除して終わりでした。

 

そして、役場に行ったついでに、児童手当の手続きのことも聞いてみました。

子ども家庭センターで書いてもらった相談証明は、児童手当の口座変更に有効な書類なのかどうか。

担当の方が調べてくださったのですが、やはり、相談証明では口座変更は出来ないようでした。

離婚調停がまだ始まっていないので、まだ調停中だと分かるような書類は用意できない。

DV相談支援センターでも言われていたのですが、児童手当の口座の変更の手続きは、なかなか難しいらしいです。

 

児童手当はダメだったけど、保育園はどうなのか?

児童手当がダメだったんだから、保育園もダメなんだろうなと思っていました。

しかし、保育園は相談証明でひとり親だと認めてくれることになりました!

DVが原因で別居し、離婚に向けて動いていること、DVを受けていたことを子ども家庭センターへ相談に行ったことを話したら、ひとり親だと認めてもらえました!

子ども家庭センターから相談証明が届いたら、持ってくるように言われました。

きっとダメだろうなと思っていたので、この結果にびっくりです。

役場では初めてのパターンのようだったのですが、言ってみるだけ言ってみるもんだなぁと思いました。

保育料が無料になるのは本当に有難い。

担当の方に感謝です。

 

別居後に様々な手続きをして思うのは、離婚するって大変なんだなぁということ。

子どもを連れての離婚だと、本当に大変なんだなぁと。

結婚する時も色々と手続きがあったけど、離婚の方が手続きが複雑です。

円満離婚ならもっと簡単なのでしょうが……。

でも、ひとつひとつ手続きをすることで、前進しているような気になれるのです。